足の臭いの原因とは

足の臭いの原因と対策足はどうしても臭いがするところです。
足が臭う原因は履いている靴が蒸れて雑菌が繁殖するからです。

通気性の悪い靴下やストッキングを履いて靴を履くと、靴の中は蒸れている状態です。
この状態で、雑菌が汗と混ざって悪臭を出しているのです。

足の裏にエリクソン腺があり、そこから汗がかなりの量出るのですが、1日にコップ1杯分出ていると言われています。
この汗が靴や靴下の中で蒸れてしまうのです。

汗自体には臭いは無いのですが、細菌が汚れを分解する時に悪臭を出すのです。
夏場、女性はサンダルやミュールを履いている事が多いのですが、足の臭いを気にしている人が多いのは、履いているストッキングに問題が有るようです。
女性が履いているストッキングは、吸収性が乏しくストッキングの中で蒸れているので、出来るだけ通気性の良いものを履くようにしましょう。

汗をたくさんかく夏場が、1番気をつけなければいけない季節ですが、女性は冬に履くブーツも蒸れる状態になりやすいので、1年中予防を心がけなくてはいけません。
密閉されているブーツの中は、他のデザインの靴よりも蒸れた状態になっています。

足の臭いの原因と対策その他、靴以外の足の臭いの原因に、水虫があります。
水虫が足の臭いの原因になっている人は、医師の治療を受けるようにしましょう。

足の臭い対策には、通気性の良い靴下やストッキングを利用して、蒸れない状態を作るようにしましょう。




スポンサードリンク

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0

足の臭いを消す消臭グッズ

リンク集