食事に影響される足の臭い

足の臭いの原因と対策足の臭いは、食べ物によっても影響されています。

足の臭いを抑えるための食事は、出来るだけ脂っこい物を摂らないようにすることだと言われています。

特に乳製品や動物性タンパク質をたくさん摂ることによって、脂質がたくさん分泌されて汗をかきやすくなるので、足の臭いが気になる人はこれらの食品を控えるようにしましょう。
肉類、チーズなどの乳製品、牛乳をたくさん摂るとエリクソン腺が活発になり、そのため足の臭いが強くなってしまいます。

その他にも辛い食材、臭いのきつい食材なども足の臭いの原因になっています。臭いがきついニンニク・ニラなどは、食べるタイミングを考えて、摂るようにしましょう。

反対に、緑黄色野菜・納豆・小麦胚芽・うなぎなどビタミンB2やビタミンEを多く含んでいる食材は、進んで摂るようにして下さい。

足の臭いの原因と対策足の臭いを気にしている人は、出来るだけ、和食中心の食生活に変えてみる方が良いようです。

食べ物だけでなく、多量のアルコールを飲むと足の臭いが酷くなるので、これも控えるようにしましょう。

足の臭いは、その日のうちに洗い流す習慣を身につけて、バランスの取れた食生活と適度の運動を心がけることで予防出来るので、普段から気をつけて生活を送りましょう。




スポンサードリンク

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0

足の臭いを消す消臭グッズ

リンク集