臭いの原因になる足にかく汗の種類

足の臭いの原因と対策足の臭いの原因になる汗には、2種類あります。
足の裏には汗腺がたくさんあり、靴の中は雑菌が繁殖する環境にピッタリな、高温多湿の状態になっているので、繁殖した雑菌が臭いを出しているのです。

特に足の臭いは、靴の中で密閉されているので、靴を脱いだ時にこもっていた臭いが、一気に漂ってしまうのですが、他の臭いが出る箇所も清潔に保っておかないと、同じように臭いが出てくるので気を付ける必要があります。

汗には、エクリン腺とアポクリン腺の2種類があり、足の裏にあるエクリン腺は体温を調節するための汗腺で、成分の99%が水分で出来ています。
そのため、汗自体が臭いを出しているのではありません。

アポクリン腺は、毛穴と直結していて、汗の成分はアンモニアや尿素、脂肪などで、緊張した時にかく汗と言われています。
エクリン腺は身体全体にありますが、特に足の裏や手の平に集中してたくさんあります。

アポクリン腺は緊張する時にかく汗で、高いヒールの靴を履いたり、靴のサイズが合わなかったりした時足が緊張するので、ここから汗が出るのです。
このアポクリン腺やエクリン腺から出てくる汗が、靴の中で蒸れて蒸発できなくなり、その中で雑菌が繁殖していき、分解する時に嫌な臭いをだしています。

足の臭いの原因と対策皮脂腺の分泌物に含まれている皮脂酸は元は無臭なのですが、雑菌が分解する時に臭いニオイを出すのです。
エクリン腺の汗も同じ事から、臭うようになります。

アポクリン腺やエクリン腺以外にある汗腺は、皮脂腺と言われていて、汗の成分は中性脂肪です。
この腺は足の裏には無くTゾーンやおでこ、鼻、背中にたくさんあります。




スポンサードリンク

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0

足の臭いを消す消臭グッズ

リンク集