足の臭いにも影響する加齢臭

足の臭いの原因と対策 加齢臭は、足の臭いにもたいへんな影響を与えます。

加齢臭は、30代後半から40代になってくると抗酸化作用が弱まってくるので、溜まってしまった脂肪酸が分解されることによって発生する臭いの事です。

加齢臭が発生することは、身体や足にも影響を及ぼす事になるのです。

そのため、若い時には激しい運動をしても、足の臭いはあまり気にならなかったのに、中高年になると特別運動をしなくても、普段生活している中で足の臭いが気になると言う人が、増えてきます。
足だけでなく、身体からの臭いもきつくなるので、自分の臭いに対してもっと気を使ってケアするようにしておけば、「オヤジ臭い」と言われることもなくなります。

加齢臭は、男女を問わず起こってくる現象です。
女性は気を使って普段から臭いの予防をしている人が多いのですが、男性はケアを怠っている人が多いので「オヤジ臭い」と言われてしまうのです。
加齢臭が出るようになる年齢になってくると、家族に足や靴下が臭いと嫌われてしまいます。

足の臭いの原因と対策 1日のうちにかなりの量の汗をかいてしまうので靴下や足が臭くなるのは仕方ないことですが、人前で靴が脱げなくなるほど臭くなると大変です。

加齢臭が始まる年代の人は特に、足の臭いのケアを心がけておくようにしましょう。




スポンサードリンク

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0

足の臭いを消す消臭グッズ

リンク集